すてきな人。いま会いたい人。

 

知ったのはほんの数ヶ月前

 

それから数日かけて
すべてのブログを読んで


この方の書く文章がだいすきで


否定も肯定もなく


ただ、いま在る自分をまるっと包み込むようなそんなブログに救われた

 

 

とてもとても人間らしくて


こんな風に私も〝人間らしさ〟を


窮屈に感じるのではなくて


素敵だな、一生懸命生きてるな私、


と思える人間になりたいな

 

個人セッションを再開されて
通常より特別価格に値下げされていた
会いたいと強く願えば叶うのだろうか…

 

 

ーーーーー

 

 

地球から太陽が一番遠のいた7/4から


見事に体調を崩し、起きていられず


1年ぶりに布団から動けず屍のように過ごす日々


なんとか水だけ飲めている

 

 

肉体と精神体が見事に分離していたようで、身体のコンディションは今になく最高だと言われたのが全く腑に落ちなかったのはそのためであった

 

 

信頼している施術師の方は


日に日にパワーアップしていて


とうとう値上げするそうで


ヒェー、と叫んでしまった


とうとう借金するか

 

 

先週も調整してもらったのだけれど


またこんな風で


今回はなんとも精神面での浄化が半端ない…


ずっと10年以上抱えてきているものが


これでもか!というくらいに溢れてきて


対応する体力気力もなく、ただ流すのも大変

 

土星射手座の最終ラウンドが


ここにきて総仕上げと言わんばかりに


肚の底から黒いものを吐き出させているのだろうか…きついわ

 

 

追記
自己破産するにも弁護士費用等
数10万円かかるそうで絶句しました
ヒェー
ただの紙切れ
されど紙切れ

💸💸💸

 

 

7月2日

【アウトプット。✍🏻✍🏻✍🏻】

 

 

私は不器用で


どうしようもなく自分のだめな所が受け入れられないようで

 

そして失敗することも謝ることも苦手で


そこそこ頑張ればある程度は出来るしな〜と信じていたし(あくまでも自分目線)

 

出来ない自分が大嫌いだし


だから口出しされないように


褒められるように


認めてもらえるように


役に立てるように


必死に食らいついてきた(つもり)

 

 

で、

 


褒めてもらえたし


認めてもらえたし


役立つわ〜と言われてきたし


私が必要だと声もかけてもらってきた

 

 

だからこそその気持ちに反するようなこと、がっかりさせてはいけないと

 

また褒めてもらえるように頑張り


また認めてもらえるように頑張り


もっと役に立てるように頑張り

 

 

 

これは嘘みたいな本当の話で

 

で、

 

あかん、もうあかん、


それ以上他人基準でやり過ごしてたら
身も心も保ちませんで〜ってなると
身体が悲鳴を上げて終了

 

これを10年以上繰り返してきて
もうすぐ31歳になる

 

いわゆる、一般社会でそれとなくやっていける素晴らしい方たちは
8割の努力ができるんですよ、と

 

でも私は2割しかできん
2割しか馬力がないのだ

 

その分、ひとつひとつは濃いけれど


だからこそ、力を出すのには


それなりに工夫が必要なんですよ僕たちみたいな人間はね、

 

って治療院でそんな話になり、気がつけば1時間以上そんな話をしていた

 

 

30年間こうやって生きてきたから

 

どうやって人に助けてもらえばいいのか


どうやって助けを求めればいいのか

 

自分のだめさをどう受け入れたらいいのか、そして自分が元から持っている〝すごくいいもの〟をどう見つければいいのか

 

そういうの、本当に本当にわからないのです

 

だから、頑張るしか知らなかったのです

 

で、

 

わからないのだ、ということが
わかったのです。

 

 

マルチプレイヤーだと信じて疑わなかった30年間ですよ

 

いま、本当にどうしていいのか、何をすればいいのか、さっぱり分からなくなり、まさに荒野の果てに放り出された気分で、ただ毎日ぼーっと過ごしておりますけれども

 

いま、気がついたんだからいいんですよ
今までは今まで、ただそれだけですよ

 

とぶっきらぼうにも、温かく声を掛けられて、なんだかとてもホッとした瞬間で、思わず泣きそうになりました。


実際は恥ずかしくて笑いましたけれどね。

 

さて、この波乱の人生
まだまだ面白いシナリオがありそうです。

 

ここまで読んでくれた人、いるのかしら。
いるのだとしたら、そこのあなた、本当にこれからもどうぞよろしくね。

 

 

f:id:senno_megumi:20170708181901j:image

7月1日

✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎チクチク

 

 

母が購入した雑誌に付いていた付録のカバン🛍

 

 

とりあえずこの熱があるうちに
何かに刺繍したい、、
と思い縫い付けた。

 


無地だったのでラッキー

 

 

普段ドライな母が
声を出して喜んでくれました。👏🏻

#刺繍#annas#アンナス

 

f:id:senno_megumi:20170708181518j:imagef:id:senno_megumi:20170708181524j:imagef:id:senno_megumi:20170708181529j:image

いま、しかない。

 

このVTRをみて

何を感じるんだろう…

 

私はまるで答え合わせかのように

ほっとした。

 

 

難しく考えているのはマインド。

人は、シンプルなことほど

難しく難しく、考えたい生き物なのだ。

 

 

思考中毒であり

それは脳の本来の機能が完全に停止している状態。

 

あたかも、

私はいつも考えている!

私はいつも悩んでいる!

私はいつも、、、

 

 

と、何か問題、問いを抱えていないと生きていけないと思い込んでいる。

 

だからこそ、解決しては困るのだ。

 

次々と問いを生み出し、延々とラットレースを続けていく。

 

 

そのレースを終わらせるには

まさに、問題は解決するな、だろう。

 

ただ、見るだけ。

 

ただ見ることの効用は本当に素晴らしい。

 

それに関してはこちらに詳しく書かれております▶︎▶︎▶︎

 

https://www.amazon.co.jp/問題は解決するな-Kan/dp/4899763875

 

 

 

人は問題だ!となんでもかんでもすぐに問題視する。

 

それもまた、楽しいゲームドラマの遊び方のひつとだね。

 

 

6月26日

【暇があればぜひ観てほしい。そして誰かの目に留まっておくれ。(切実な願望)】

 

※ 追記※

動画、残念ながら消されていました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

とってもユニーク!!

ほんで、めちゃくちゃ温かい。

 

 

「自分ができる範囲のことをやっている。ここではそれが役に立つ。」

 

 

自分が(無理なく)できる範囲のことを、淡々とこなしている。

 

それが例え〝特別な何か〟じゃなくても
必要とする人は必ずいる。

 

仕事している自分を見張る人を雇うって新しい!!

 

喜んで見張るので、必要な方はご一報を( ˆoˆ )/

 

会話力と安心感とまあまあな笑顔と
美味しいお茶を淹れる術は持ち合わせております。

必要であれば美味しいご飯も作ります。🍚ドーン

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

思い返せば、20代で一番の底だった時
友人の紹介で奈良の山奥にある陶芸工房へ行って、そのまま週一程度のアルバイトで雇ってもらえることになった。

 

週に一度、外へ出るリハビリとして。

 

内容は、主に先生の話し相手。
その頃先生は54,5歳やったかな。
少し、陶芸のアシスタントみたいなこともしつつ、2時間もせんうちに休憩。
紅茶やら珈琲やら、美味しいお茶菓子もいっしょに、1時間くらい団欒。

そこからまた話しながら3時間くらい作業。

おしまい。

 

 

いつも、話していた記憶しかない。


音楽のことから政治のこと人生のこと恋のこと…ジャンルは多岐に渡るので飽きないし尽きない。

 

理研究家の土井善晴さんとも仲良しなので、毎月送られてくる雑誌、きょうの料理、おかずのクッキングを見ながら軽く軽食を作って食べたり。


一人で食べるのが侘しい!と喚くので、食べるのを側で見ていたり。

 

はたから見れば、どこが仕事なのだ!
という光景ではあるが
大体4〜5時間に満たないほどの作業(というより話し相手&茶飲み相手)で

交通費含め4,000円いただいていた。

 

 

私にとっては、命綱の4,000円だった。

 

本当に、有難い日々だったなぁと、このドキュメントをみて思い出しました。

 

 

そして、何よりも向いていたのだと思います。

 

 

https://t.co/ruxRzv8xKo?amp=1

6月25日

「笑顔をつねに絶やさずに。」

ほんとの気持ちと笑顔のズレが影になり…

 

ーーーーーーーー

 

ほんとそう。
保育士の頃もだけど、百貨店の販売業でも。

 

笑顔が一番のウリだし(と自分は思っている)

面接でも間違いなくウリにするし

 

 

個人店やSCなどとは違うちょっと特殊な百貨店。

気が抜けない。(のは私の技量のなさと不器用さが要因か)

 

どこで誰に見られているかわからないから、本当に気が抜けない。(内部外部ともに)

 

 

その影が結局自分をのみ込む。のみ込まれる。

 

 

そうなると、どれほど自然に笑いたくても、どうするんだっけ…と忘れてしまうこともある。

 

 

自然と、笑みが溢れたら、いいのにね。

 

溢れる、だもんね


意図するものでない、溢れ出してくるもの。

 

 

まるでそうであるかのように、演じるのも一つ。それは販売業で覚えた。

 

 

けれど、どれほど業者さんやメーカーさん、お客様に褒められて、喜んでもらえて、必要とされても、自分が苦しんでちゃ、どうにもならん。

 

 

捉え方一つだし、難しく考えすぎ、なんだろうし、人生もっと気楽に、だろうし、評価してくれているのだから本当の自分だろうが、そうでなかろうが、有り難く受け取ればいいのよ、なのでしょうが…

 

 

真面目なもん、しゃーないです。
作り笑顔、好きやないんですもん。

 

 

いちばん自分を見張っているのは
紛れもなく〝自分〟なのでしょうけど。