読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内デトックス。

 

 

わかってる

わかってるんです

 

 

頭ではわかってる
それでも体がついてこない
もちろん心も追いつかない

 

 

もう10年以上こんなだから
自分の体だけど自分の体じゃないみたい

 

 

それでも
大丈夫、なんとかなる
一先ず休もう、って自分に声掛けてきた

そんな風に声掛けられるようになったのもこの1,2年

 

 

やっと、です

 

 

 

f:id:senno_megumi:20170307014339j:image

 

 

 

それまでは
得意の自分責めでしたから

 

 

 

ふつーに働けない自分を責めて
ふつーに予定組めない自分を責めて
ふつーにご飯食べられない自分を責めて
何かとイベント事になると体調崩す自分を責めて

 

 

 

ふつーってなんだよってね

 

 

 

体も心も壊して底ついて
とうとうお手上げして

何年もかけてやっと良くなって
なのにまた壊して
この5年だけでももう何度も繰り返してる

 

 

経済的に困っているのなら働けばいい、って
私も心の隅っこでは思ってるし
働けるでしょって思ってる
働かないのは困ってないからでしょっていう無言の視線がいたい(勝手に感じてるだけです)

 

 

 

困ってるよ、困りまくってるよ

それでもどうにもこうにも体がついてこないときもあるのです
というか私の場合ほとんどです

 

 

 

心や思いが強すぎるゆえに
そのエネルギーに体がついてかない

 

 

それでもどうにもこうにも苦しくて
なんとかしたくて
必死に工面して治療院の回数券買って通ってる
通うことが私の仕事だ、って思ってるくらい

 

 

 

あとは日々のウォーキングね

 

f:id:senno_megumi:20170307014513j:image

 

 

良くなってるのは目に見えてる
その分、体の振れ幅も大きくてつらいときがある

 

 

どうにかしようとするな
問題は解決するな

 

 

うん、そうなんだろう

 


でもどうにもこうにも
まずは体資本でしょう

 

 

やりたいことやるのも
やりたくないことやめるのも
体が基本でしょう

 

 

当たり前に動く体があるって
どれほどに贅沢なんだろうね

 

しんどくても何とか気持ちだけでも動く体があるって羨ましい本当に

 

 

 

感謝の気持ちを、と言われても
そんなのクソ喰らえだ、となる時もある

 

 

 

この状態を自らが望んでいるというのなら、一体どんなメリットがあるというのでしょう

 

 

 

不甲斐ないし
誰よりも何よりも
自分が一番悔しくてたまらんのだ

 

 

脳内デトックスならぬ脳内アウトプット終了

 

 

f:id:senno_megumi:20170307014709j:image