読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父のこと。③

 

 

こちらの続きです。

 父のこと。② - 純度100%で生きていく

 

 

ーーーーーー

 

 

それからというものの、父との喧嘩はしょっちゅうになりました。

 

 

まあ、父が緊急入院し、癌が見つかり、さて手術どうする?経済的なことは?申請は?などと奔走しているとき、私は自身の結婚生活が破綻しかかっており、精神的にも崖っ淵で、離婚するかどうなのか、ということも抱えていたので、父のことへ目をやることで、半ば逃げ道になっていたのであろうと思います。

 

 

どっぷり自分のことに浸からずにすんだ。

 

 

もちろん、父にもそのことに関して怒鳴られたことはありました。


父さんのことあーだこーだ言うてんと、自分のことどーにかしたらどーなんや!いつまで家におるつもりじゃ!
余計なお世話じゃ!みたいな。(笑)

 

 

すかさずそこは母が口挟んでましたが。

 

 

口が立たないうえに、やはり脳梗塞のこともあり、思っていてもうまく言葉が出てこないこともあり、短気な父の喧嘩の最後はいつも決まって

「俺が死ねばえーんやな!!!」です。

 

 

もう、その度に、なんでやねん、となる家族一同です。

 

 

ほんと、誰よりも子どもです。
どこのお父さんもそんなんかな?

 

 

それでね
これだけ延々と書いてきたけれど

一体何に腹が立つのか、というと。(遅

 

 

父自身、自分の命に対しての責任感の無さです。無関心なところです。

 

 

病院を決めるときも、治療方針を決めるときも、薬の処方1つにしてもそう、
何にも疑いもしない。自分の体のことなのに、今自分がどうなっているのか、この病気はどういうものなのか、この治療や薬はどんなリスクがあるのか、など調べようともしない。もにろん生活習慣も変えない。

 

 

薬の処方を間違える、その他様々なことがあったかかりつけ医も未だに変えようとしない。理由は、変える方が面倒だから、だ。

 

 

そのくせ、何かあったときは、やっぱり俺もおかしいと思ってた、とか、不信感しかなかった、とか後からぐちぐち言う。

 

 

でも、病院では誰よりもいい顔する。
自分の都合より、病院や会社の都合ばかり気にして気を回す。


そのくせ、あとから文句言う。

 

 

もうね、本当に腹が立つ。

 

 

二人の兄はもうそんな父を昔から知っているので、ほぼ流しています。
母も。

 

 

私だけ、こんなにやきもきしてるの(^^;;

 

 

なんで私が自分のことでもないのにこんなに一人でやきもきしてるんやろ、って辛くなって父に泣き喚いて喧嘩することもこの2年間多々ありました。

 

 

どーしてそんなに自分の命に対して責任がないんや!無関心すぎる!と、いつも喚いていました。

 

 

で、昨夜も久しぶりにやっちゃって

 

 

また久しぶりに父の名文句

「俺はどーせ先に死ぬんやからえーやないか!」

 

 

が聞けちゃって。

 

 

もうなんか、おかしくなって。(笑)
なんだ、もうこの数年病院通いばかりで生きるのめんどうになってんだな?って、不謹慎ですが、おかしくなっちゃって(笑)

 

 

ならまー、食べたいもん、添加物だらけのジャンクフードもお菓子も塩分たっぷりのカップラーメンも好きに食べたらえーがな!それが本望ならまー好きにしたらえーがな!と笑いながら食卓で他の家族に話していたのです。

 

 

それでもやはり脳裏に浮かぶのは
こんな風に多くの疾病を抱えている者は、簡単には死なせてもらえないってこと。

 

 

何か異変があればすぐ病院に運ばれちゃうし、管繋がれちゃうしね、

 

で、入院するたびに、家族も巻き込まれるわけだよ。否応無くね。

 

 

携帯充電することですら呼び出されんだよ。看護師呼べよ、って何度言ったか。
頼めよ、って。

 

 

そこでも、いい顔してたいの。
ほんっと、ここまでしても持っていたいプライドってなんだろうねーって、二人の兄といつも話してます。

 

 

そんな父は、新たな怪しい病変が見つかり、目も白内障だけでなく、目の脳梗塞と呼ばれる病気も見つかり、

 

1つの病院で3つもの科へ通院中です。

 

プラス、地元のかかりつけ医と
吹田の病院と

 

 

まあ、医療費が嵩んで母の頭には白髪が増える増える。マイナスもいいとこです。

 

 

それでも相変わらず
運動もせず、ずーっとオコタに入ってみかん食べて、お菓子食べて、餅食べて、カップラーメン食べて、ろくに水は飲まず珈琲飲んで、毎日過ごしている父です。

 

 

薬さえ飲んでたら大丈夫
手術で悪いとこ切れば大丈夫
って思ってるみたいです

 

 

父の人生、父の命です
私が腹立ってるのもおかしな話。

 

 

それでも放って置けなくなる
なんとかしたくなる、娘ですもの

 

 

私が心配しすぎたり、喚いたりするのをやめたら、案外すっと父も病気をやめちゃったりね、なんて思う今日この頃です。

 

 

病気って、そんなものだと、私は思っています。

 

 

ちゃんちゃん。